読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とらぬたぬきの皮算用

普段のなんでもないことも、技術的なことも、趣味のことも書いてしまう雑食です。

ランニングガジェットのすすめ

ランニング 買ってみた

f:id:tanukiti1987:20130201003204j:plain

ランニングガジェット

本来であれば、なにも身に付けず、シンプルに走りに出かけられるのがベストなのですが、音楽も聞かず、距離を測ることもなく、ただランニングをするだけはすごく苦手なので、僕はいつもガジェットを身に付けながら走っています。

最初は音楽を聞くだけだったのに、いつしかNike+で距離を測るように成り、そして今日、心拍計が届き、そいつも仲間入りしました。

ちょっとカラダ周りがガチャガチャするわけですが、1時間くらいのランニングをすごく快適にしてくれるガジェットたちをご紹介したいなーと思います。

bluetoothのヘッドセットとiPhone

これはもうどこに行っても必需品。

音楽無しに適度にモチベーションを保ちながら走るのは難しいです。

最初はiPhoneについてきた有線のイヤフォンとかを使って走るわけですが、腕を振ればコードが絡まるし、耳から外れたりする。

なんなら、汗が滴って音量調節のボタンが壊れちゃったりするわけです。

有線イヤフォンは論外です。

で、最初に使ってたのがこいつ。(買った当初よりもかなり安くなってて衝撃。。。)

最初はすごく快適に使っていたのですが、デメリットも多々有り、しまいには壊れてしまったわけです。

主なよろしくない点は

  • bluetoothのレシーバーが首の後にきてしまうので、iPhoneをセットする位置によっては音楽が途切れやすい
  • 防滴と言いつつも、イヤフォンの金属部分がサビびていく
  • 操作ボタンも汗のせいか壊れていく
  • 重い

とまぁ。こんな感じ。

そこで買い直したのがこのコでした。

【国内正規品】 Jabra SPORT Bluetooth Headset

【国内正規品】 Jabra SPORT Bluetooth Headset

こいつは軽いし、今のところサビや操作ボタンの不具合もない。 走っていて、いい意味で気にならない存在なのだ。

強いてデメリットを上げるとすれば、バッテリーの耐久時間が短いということくらい。

とはいえ、2時間連続くらいのランニングだったら、耐えられそうだし日々の練習では不自由することがないのが良い感じ。

もしランニングするときのヘッドセットに迷っているようであればオススメです。

Nike+とリストバンド

走っていれば、今日どれくらい走ったのか。今月どれくらい走ったのか。みたいな管理をしたくなってきます。

僕はiPhoneNike+GPSというアプリを使って計測しています。

無料
(2013.02.01時点)
posted with ポチレバ

(スゴイ。無料になってる。。。)

このアプリが出る前までは、Nikeのシューズにセンサーを装着して、走った距離を測定していたものですが、これが出てからはほぼそんなオプションガジェットを買わなくても走った距離やら時間やらがグラフでキレイに見られるようになって、すごく便利な世の中になりました。

しかも、測位が正確

使っている感じ、GPSと加速度センサーを上手く利用して移動距離を計測してるっぽい感じでした。

まぁ正確とは言っても、厳密に正確ではないので、発生する誤差は許してあげてください。

f:id:tanukiti1987:20130201015421p:plain

こんな感じでtwitterやらfacebookに自分のランニング実績を共有できたりもします。

頻繁にSNSシェアを繰り返していると、「最近走ってるねー」「あれ、走るのやめたの?」みたいなことを言われるようになり、適度にモチベーションを持続することができますよ!

当然、iPhoneとご一緒に走るわけですが、ポケットにいれて走っても、ちょっとガチャガチャしちゃって邪魔っぽいので、そんなときにはリストバンドをオススメします。

XtremeMac iPhone 4S/4/3G/3GS/iPod touch用 スタイリッシュ アームバンド Sportwrapシリーズ IPP-SWP-13J

XtremeMac iPhone 4S/4/3G/3GS/iPod touch用 スタイリッシュ アームバンド Sportwrapシリーズ IPP-SWP-13J

僕はiPhone4Sを使ってるので、これで十分。。。

ハートレートモニター

最後に、今日届いた心拍計

こいつがねー。いいんですよ。文字盤も大きいし、普段付けてもそれほどダサくない!(つもり)

ランニングで持久力を鍛えていくには最大心拍数の80%で走るのがよしとされています。

が、心拍計がないと分からないわけですよ。

僕はだいたいいつも序盤で息を切らしながら走って、6分弱/Kmで走ってたりするんですが、いざ心拍計をはかりながら走ってみると、すぐに80%を超えちゃうんですね。。。なんなら開始早々180bpmとか出ちゃうんですね。 どん引きでした。

結局6分半/Kmくらいのペースで走ると、自分の最大心拍の80%だということが分かり、すごくのんびりと走ることができました。程良く汗もかきつつ、ほぼ疲れない。でも、これが一番効率が良い方法なのだと言い聞かせれば、トレーニングになったというある程度の納得感はあります。

今後のトレーニングはもうちょっと心拍に関心を寄せつつ走ってみようかなーと思っています。

このスントのM4は目標体重を設定すると、どれくらい走れ。とか、このくらいのカロリー消費しろ。とかのエクササイズサポート機能もついてたりします。

個人的には、あまりやれやれ言われるのはスキじゃないので、その機能は使わなそう。

とはいえ、デザイン気に入ってます!

ガッツリ使い込んでいこうー。

そして、5月のハーフは2時間を切るんだい!

広告を非表示にする