読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とらぬたぬきの皮算用

普段のなんでもないことも、技術的なことも、趣味のことも書いてしまう雑食です。

JINS PCというメガネ

ぼくはシステムエンジニアとして日々パソコンに向かいながら仕事をしています。
長い時には12時間以上パソコンを見っぱなしです。

コンタクトをしていればやたらと目が乾くし、メガネをしていても、後半には視界がぼやぼやしてきます。
ということで、少し前にネットで話題になっていたJINS PCを買ってみました。


お値段3980円。色は16色から選べました。職場が近かったのでJINS 原宿店で購入!
JINSのサイトによると、モニターから発せられるブルーライトという波長の短い光をカットしてくれるらしい。なんでも、この短い波長の光は目にあまりよろしくないらしい。たぶんこの光が目を疲れさせるわけですよね。


どれほどの効果があるものか、2週間ばかり試してみました。

外観

まず手にとって驚いたのは、メガネが軽い。これがJINSのエアフレームっていうヤツらしい。いつも着けてるメガネもコレに変えたくなるくらい、メガネしてる心地がしないw
それから、耳掛けのところが曲げられるようになっているのもすばらしい。
自分の耳の位置に合わせて、掛け心地ぴったりにカスタマイズすることができる。調整が自分でできるので、イチイチメガネ屋に行かなくてすむっていうのも便利便利。

レンズ

レンズはややブラウンの色が入っていて、ちょっと色つきレンズをかけ慣れないぼくには勇気が入りました。
掛けてみると全体的にやや暗めになる感じでした。 ただ、オフィスが全体的に明るかったりするので、このメガネを掛けてちょうどいい感じの明るさになったりします。 特に白色のウィンドウなんかは過度に明るくならなくて、目が疲れにくいことを実感できます。

結局のところ

最初は半信半疑で使っていましたが、これまでコンタクトが乾いて仕方なかったのですが、JINS PCを掛け始めてから、目藥をさす回数も減ったり、連続してモニタを見続けられる時間が長くなったような 気がします。
間隔の問題なのでズバッと明言をすることはできませんが、無いよりはあったほうがいい。
でも、無いとなんだか落ち着かない。そんな印象を受けます。


なので、今後も日常的に使っていこうと思います。
まぁあと飛蚊症だったりするので、このメガネを使うことで視界のゴミが気になりにくくなるっていうのが、ぼくにとっての一番のメリットかもしれません。

広告を非表示にする