とらぬたぬきの皮算用

普段のなんでもないことも、技術的なことも、趣味のことも書いてしまう雑食です。

Eye-Fiを買ってみた

最近書かれたロケットニュースの記事
実質SDカードの容量が無限大に! 不要になったiPodやiPadやiPhoneを活用可能! Eye-Fi
を見て、ずっと気になっていたEye-Fiを買ってみました。


これまた最近私自身もFujiFilmのX100というカメラを買ったのですが、それにともなって写真をバシバシとるようになると、撮った写真を見たり、SNSに投稿したりするのが楽しくて仕方なくなってきたんです。
写真の技術云々じゃなくて、性能の高いカメラを買ったことで、撮れる写真もグッと綺麗になって、それでいいね!ってしてもらえたりするんですよねー。不思議。 正直自分の腕も上がってるんでしょうけど


ということで、買ってみました。Eye-Fi

Eye-Fi Connect X2 4GB EFJ-CN-4G

Eye-Fi Connect X2 4GB EFJ-CN-4G


ロケットニュースの記事では最上位モデルが紹介されていますが、撮った写真をiPhoneに直接転送するダイレクトモードが使えればいい。と思っていたので、一番下位のモデルを購入しました。
出先で真っ先に他のサービスに写真を投稿させるにはiPhoneの通信環境が必須になってきますからね。
またEye-Fi自体にも直接ネットに転送する機能が儲けられているのですが、特定のサービス(facebook,mixi,picasaなど)に対してしか機能が使えないこと。シャッターを切った写真がすべて投稿されてしまうことを考えると、一度iPhoneで撮った写真を選別するシーンが必要になってきます。

商品が届いてからは、まずEye-Fiカードの設定と、iPhoneアプリをDLしてカードとアプリがリンクするようにします。

その後、カメラの電源を入れ、Eye-Fiカードから出力されるWi-Fi電波をiPhoneでキャッチし、撮った写真をズバズバとiPhoneに転送させていきます。

アプリ画面自体はこんな感じ↓


写真を撮ると一定時間おきに未転送の写真をiPhoneに送信してくれるすばらしさ! これなら、途中でカメラを無くしてもへっちゃら!
でも、iPhone無くしちゃったらアウツじゃない。。。って思う方もいらっしゃるでしょうが、このアプリからEye-Fi Centerというこのカード独自のアップロードサイトに写真を上げることが可能です。
定期的にその作業をしておけば、iPhoneを無くしても大丈夫!


とまぁ、無くすことはそんなに考えなくていいのですが、実はこのEye-Fiカードを買ってもう一点よかったなーって思えるところがありました。

それは、写真の共有が楽ってことですね。

そのEye-Fiセンターが割と秀逸で、以下のような画面で写真のDLや共有を行えます。

課金をしないと、このサイトにアップされた写真は1週間で削除されるみたいですが、それはサクっと写真整理をすれば問題ないですよね。
このサイトに上げられた写真をプレビューで選りすぐり、その選んだ写真を共有URLにて友達に共有できるんです。
他のサイトを使うことを考えずに共有できるこの楽さ!

しかもwebページでサクサクと写真を選べるので面倒なことはなにもありません。


これほどの利点がある時点で、個人的にはEye-Fiの最下位モデル5000円の価値は満たせてるんじゃないかなーと思います。


その他、デメリットとしては電池の減りが早くなる。記録が遅い。動作しない。などレビューに上げられていましたが、電池の減りなんて、1日に一度充電すればいいだけ。 記録が遅いというところに関しては、プロの方や特別にこだわりをもってバシバシ撮る方じゃなければそれほど気にならない速度です。ってか、気にならない。 動作しないという部分では、サイトの動作表を見ればある程度保証されますよね。 確かにX100で使っていても、たまに無線電波が飛ばない時がありますw そんな時は次回起動後にはケロっと治ってたりするので、別段気になるレベルではありません。


なにより、すぐに写真を確認、共有したい。 帰宅後に楽に写真を展開したいという人には価値のある一品ではないでしょうか。

広告を非表示にする